チップを渡す?渡さない?|風俗ナウ!

風俗嬢を喜ばせるために差し入れを考えて下さる男性たち。その好意を無駄にしない、本当に風俗嬢が喜ぶ差し入れをお教えします!

チップを渡す?渡さない?

クリックするとご興味のある部分までピューンと移動します♪

デリヘル呼び方マニュアルサイト

デリヘルの呼び方ならココ!デリヘル体験談からデリヘル嬢の本音インタビューまで、デリヘルのすべてがココにあり。

デリヘルは全然難しくない!詳しくはココから↓

最強!デリヘル呼び方マニュアル

チップを渡す?渡さない?

カテゴリー:差し入れ・チップ

風俗嬢が本当に喜ぶ差し入れはコレ!」でご紹介しましたが、差し入れももちろんありがたいのですが、最も喜ばれるのはやはり現金、チップということになります。

オキニの風俗嬢に好かれたい・特別な客になりたいならチップは渡さないといけないの?
常連は普通は渡しているの?渡すならいくら?どのタイミング?

チップの習慣のない日本人にはちょっと慣れない部分もありますよね。
日本にも心付けといって料亭や旅館で女将や仲居さんに渡す習慣はあったのですが、今では結婚式で当日にお世話になる方に渡す程度で日常的にある場面ではないのでマナーや基準がわからない人の方が多いと思います。

そんなチップに関する素朴な疑問を解決していきましょう。

皆はチップを渡している?

風俗に遊びに来るお客さんでチップを渡している人はどれくらいいるのでしょうか。
正直お店のランクにもよります。お金持ち相手の金額だとやっぱりチップを貰う確率は上がります。
でも毎日貰うかというと・・・普通はそんなに貰いません。たまに貰う、くらいです。
そしておそらくチップを貰ったことがないという風俗嬢はいません。

全員が渡しているわけではないので、もちろんこれを読んでいるあなたも絶対に渡した方がいいわけではありませんし、基本的にはチップによるお客の優劣はありません。

年に1回来てチップをくれるお客さんも、チップはないけど毎週来てくれるお客さん、どちらも大事です。本音を言えばこの比較なら毎週来てくれる方が嬉しいかもしれません。

貰えると自分の仕事が認めてもらえた、このお客さんに気に入ってもらえたという気持ちになるので嬉しいです。
でも毎回来るたびにチップを渡してくるお客さんは稀です。

臨時収入があった、ボーナス時期だから、嬢のお誕生日や何かの記念日だから、特別落ち込んでいた気分を癒してくれたから、など普段とちょっと違う時だけ渡したら良いのではないでしょうか。

あ、もちろんオキニ嬢を応援したい気持ちがあってお財布に余裕のある方は毎回渡して頂いても構いませんよ☆

風俗嬢の本音…風俗の裏側、知りたくない?

現役・元風俗嬢、風俗初心者からマニアさんまでが集う風俗専用Q&Aサイトです♪

私もほぼ毎日(笑)参加していますが、男性にとってはためになるコトばかりだと思いますよ〜!

風俗Q&Aドットコム

チップを渡すならいくら?

チップって相場はどれくらい?あまり少ないとガッカリされる?あまり多いと警戒される?
そんな風に考えるあなたに一言。あくまで気持ちなので相場はありません。

ただ「風俗嬢が本当に喜ぶ差し入れはコレ!」の最後の項「どんな風俗嬢でも喜ぶ差し入れは・・・」でも書いている通り、上から目線や金額に見合ってない言葉と共に渡してしまうと喜びも半減してしまいます。

また、1回渡すと毎回渡さないといけないような気持ちになるタイプの方は高額になると自分への負担がいつかきつくなってしまうので、無理のない範囲でOKです。

あくまでも気持ち。毎回飲み物の差し入れを貰うよりも、ジュース代と言って500円貰う方が嬉しいのです。

個人的には最低金額は500円かな。今時100円ではジュースも買えない世知辛い世の中になってしまったので・・・。
上限は・・・。ありません(笑)
貰って気おくれしない金額、でしょうか。お誕生日などのイベント時は多くてもありがたく頂戴できますが、普段に10万とか渡されたらビックリしてしまうかもしれません。
10万円が普通の人の1000円位の感覚の超お金持ちさんとわかっているなら怖くはありませんけどね。
そういうお金持ちさんは会員制の超高級デリヘルしかご利用されないような気がします。
多分、身バレや世間体がある方が多いでしょうから。

纏めると、いくらでもいいし、いつくれてもいいってことです!

チップはそのまま渡していい?

結婚式などの心付けは前もってポチ袋的な物に入れてお渡ししますよね。チップも何かに包む必要はあるのでしょうか。

これは、包んである方が品があるけど特に必要ありません。裸銭で全く問題ないです。

お誕生日などのイベント時や高額の時は包んだ方が品がありますが、普段はほいっとくれて構いません。
気にするタイプの方は、今は100円ショップでも可愛いポチ袋がたくさんあるので財布に忍ばせておいてはどうでしょう。
そこまでは、と思うけどそのままもちょっと、と思う方はその場でティッシュに軽くくるんであげるとイイですよ。

チップを渡すタイミング

チップを渡すって、いつ渡せば良いかわかりませんよね。
結婚式でお世話になる方には、今日はよろしくお願いしますの意味を込めて最初に渡すことが多いです。旅館などでもそうですね。

あとは料理が美味しかった、サービスがとても嬉しかったなど帰りに渡すこともあります。
たいていは最初か最後に渡すのが一般的ではないでしょうか。

これがそのまま風俗でも使えるかというとそうではありません。
先ほど言った通り、最初に渡すのは「今日は宜しくね」という意味合いが強くなります。これからサービスしてもらうのですから何の問題もないように思えますが、ここが風俗業界の難しい所です。

風俗はソープランド以外のお店での本番行為は違法行為として禁止されています。本番だけでなく、そのお店のコンセプトによって出来るプレイ・出来ないプレイはありますし、風俗嬢が個人的にOK・NGにしているプレイもあります。

しかも風俗嬢相手に隙あらば本番してやろうという客は後を絶ちません。
そんな世界で最初にチップを渡されたら風俗嬢はどう感じるでしょうか?

お金を払っただろうと過剰サービスを要求されるのではないか、本番まではいかなくても過激な要求をされたときに断りづらくなってしまうのではないか。
嬉しさよりもそんな不安を感じてしまうことでしょう。

常連になって何かイベントなど前もって渡す約束をしているとか、すでに信頼関係があって毎回チップを渡しているなどの場合を除いて、風俗でのチップは基本的に「最後に渡す」ようにしましょう。

最初に渡した方が嬢のやる気が上がるという考え方も間違いではありません。
しかし、チップがないとテキトーにしか仕事をしないような嬢をリピートする必要もチップを渡す必要もないと思います。

風俗ナウ! TOPページへ→